手作りを通して柔らかな気持ちになった、温かな瞬間

子供のころから手芸に馴染みがあった私。
フエルトで人形を作ったり、毛糸でなにか編んでみたり、店で売っているようなものを自分で作ってみたいという人でした。

要するにしぶちんというのでしょうか。
節約家体質が子供の事からあったみたいです。
周りに手作りをしている人がいたということもありました。
母や友達でした。
子供がそのころの私くらいの年になりました。
興味を持つかしら?そんな思いもあって、ずっとしまってあったフエルトでマスコットを作ってみました。

はらぺこあおむしのようなものをイメージして簡単に作ってみました。
すると子供もやるやると、興味深々。
私が好きだったことに興味をもってくれたことにちょっと満足。
周りをフエルトと同じ色でかがり縫いをして、ほんの少し綿を入れて、それだけで柔らかなかわいいマスコットの出来上がり。
こういうのって自分でも気持ちに余裕がないとできないよな。
自己満足と自分を振り返ることができた瞬間でした。